胃酸に対する耐性がある乳酸菌EC-12とその理由

胃酸に対する耐性がある乳酸菌EC-12とその理由

乳酸菌が大腸や小腸に到達するまでには、必ず難関をくぐり抜けなければなりません。それが胃袋なのですね。
胃の中には、非常に強い酸が入っています。その力がとても強いので、経口摂取された乳酸菌は溶かされてしまうケースも珍しくないのです。ですので最近は、胃酸に強いタイプの乳酸菌なども多く販売されている傾向があるのですが。

 

胃酸に耐える事ができる乳酸菌

 

ところで乳酸菌EC-12という製品も、その1つになります。久光製薬という会社が提供している製品になりますが、上記の胃酸に対する強さが特徴的です。

 

そして乳酸菌EC-12という製品が大腸や小腸にたどり着いた時に、ビフィズス菌に働きかけてくれるのですね。ビフィズス菌はお腹の中の環境を整えるためにはとても大切なのですが、その活性化を促してくれるのです。

 

参照先:免疫 乳酸菌

 

前述のように乳酸菌EC-12は、胃酸を通過しやすい性質を持っています。多くの乳酸菌がそこにたどり着くので、ビフィズス菌も活性化されやすくなるのですね

 

加熱処理が行われているので胃酸を通過できる

 

ではなぜ乳酸菌EC-12は胃酸に強いかと申しますと、熱ですね。実は乳酸菌EC-12という製品は、すでに死滅している乳酸菌を用いています。加熱処理を行って死滅させられている乳酸菌を用いているのですが、それは胃酸に対する耐性がとても強いのですね。ちなみに、かなり高度な技術を用いて加熱の処理を行っているのだそうです。それで大腸や小腸などに到達して、活躍してくれるのだそうです

 

ちなみに乳酸菌EC-12を摂取している方々は、やはりお通じなどが改善されている事が多いですね。人によってはその効果がとても大きいので、ちょっと驚いている方もいらっしゃいます。やはり胃酸を通過しやすいので、効果も大きくなるのでしょう。